公務員の不動産投資

公務員の不動産投資

公務員が不動産投資を副業にするためには…

投資をしたことがない人にオススメの不動産投資セミナーは、特定エリアのマンションとかアパート経営のノウハウなどに傾注しており、セミナーの中身がどれも興味をそそるものばかりであるということで、評判になっているものも多いようです。不動産...
公務員の不動産投資

公務員の不動産投資にかかる法律について

投資により利益が得られる収益物件と言うと、初めから賃借人がいるような、取得後すぐさま賃貸料が期待できるようなものも目に付きます。 ただし不利な点として、室内を自分の目で確かめるということはできないものと考えてください。資産運...
公務員の不動産投資

公務員の不動産投資にかかる制限とは

海外不動産投資は大変興味をかきたてられますが、当該不動産が所在する場所の法律とか海外取引特有の事情をきちんと了解しておかなければならないと思いますので、慣れていない人にはお勧めできません。賃貸経営に関しては、物件を購入した時の不動...
公務員の不動産投資

公務員の不動産投資と人事院規則の関係について

サブリース(一括借り上げ)においては、契約を結ぶ時点で借り上げてもらえる期間が定められているわけです。 契約期間というものに関しては2年というものが典型で、家賃はそのときに改定できることになっています。マンションやアパートな...
公務員の不動産投資

公務員の不動産投資における壁、5棟10室基準

一括借り上げを検討する時に注意を要するのは、更新のときの改定で賃料が下げられることがあることと、末長くサブリースを続けていくためには、出費覚悟で計画的に修繕していくことが必要であるということだと言えます。これから投資を考えている人...
公務員の不動産投資

公務員の不動産投資に上限はあるのか?

不動産投資セミナーに参加する人が多いみたいですけど、主催の会社や講師になる人がちゃんとしているセミナーにしましょう。 しばしば行われてきたセミナーだとしたら、うわさなどを目安に検討するのもオススメです。不動産の賃貸経営におい...
公務員の不動産投資

公務員の不動産投資が違法になるケース

アパートやマンションといった収益物件を選ぶときに必ずチェックすべきところは、いわゆる築年数というものです。 築年月日または築年数をつかんで、1981年以前に建てられたものは避け、新耐震基準にかなうような物件をセレクトすると安...
公務員の不動産投資

公務員が不動産投資をするためには申請が必須?

フィリピンなどの海外不動産投資を行なう際に注意を要することと言うと、為替レートが一定ではないということです。 いくら賃貸料を得ることができても、現地通貨が安くなれば、その投資自体は失敗と言わざるを得ません。不動産投資の面白さ...
公務員の不動産投資

公務員が不動産投資で懲戒処分になるのは…

海外不動産投資と言いますと、物件を高く売却することを目指すものが主流と理解されることもあるのですが、現実には家賃などによる利益がある不動産投資だってないわけではないのです。東南アジアなどの海外不動産投資を行なう際に考えておく必要が...
公務員の不動産投資

公務員の不動産投資にかかる許可とは

不動産投資の資料請求に関しては、インターネットを通じてもできますし、まとめて請求できるホームページも相当あります。 このような無料一括資料請求サービスを上手に利用すれば、わけなく投資を進めて行けるでしょう。サブリースだったら...
タイトルとURLをコピーしました